お名前(必須/日本語のみ)

メールアドレス(必須)

プライバシーポリシー


レポート表紙

自宅、ご実家が地震で倒壊しないか心配のがあなたへ・・・
知ってて損はない!建築士の知っている耐震の"常識"コッソリ教えます。

『なぜあの家は地震で倒壊したのか?
倒壊する家としなかった家の7つの違い』


無料PDF冊子プレゼント中



地震に強い家は、倒壊してしまった家を知ることで分かります!


読んで分かる5つのこと
【この冊子を読んで学べること】 倒壊した住宅

◆熊本の地震、多くが2回目で倒壊した理由とプロセスはコレ!

◆実は・・地震で家が倒壊しないだけが耐震の目標じゃなんです!

◆旧耐震だけじゃなく1981-2000年の家も耐震性が心配な理由は、●●が無いから。

◆瓦屋根が悪いわけじゃないんです。●●が悪いのが原因です。

◆あなたの家の耐震性能が、家の誕生日で分かります。

レポート目次 レポート目次2


2000年以前に建てられた自宅・ご実家の耐震性が心配なあなた!ぜひご参考にしてみて下さい。



【読んだ方の声】(2017/10/14現在。随時更新予定)



<いただいたアンケートよりDL理由>

読者アンケートより

当初はリフォーム予定であったが、耐震性を考えると建て替えが望ましいと考えるようになった。現在の家(同居)を建てた舅が健在であり、思い入れのある家を建て替えるにあたって説得する資料が欲しかったため。










読者アンケートより

木造は弱く、鉄骨は強いという偏った考え方の人がいたので読ませてもらいました。壁のバランスや地盤いろんなことが影響してくるので、木造でもきちんと考えて建てれば耐震が可能なのがわかりました。




<いただいたメールより抜粋>


読者アンケートより

熱意に驚いています。 建築屋さんがここまで積極的だとは思いませんでした。地震による倒壊家屋の分析など、貴社の解説がぴか一でした。というわけで市民向けに社長さんの講演を聞かせていただくことも考えています。
医師 小野 啓郎(大阪大学 名誉教授)









【どんな人が読んでいるの?読者アンケート】
「役に立った・まあまあ役に立った合計100%!!」

アンケート集計
▲今すぐメールアドレスに送って読む
上へ