*

「一戸建てのスケルトンリフォーム」耐震強度は新築並みになる?知っておくべきデメリット

skeleton_seismic_ intensity

こんな質問に答えてみたいと思います。


【質問】
スケルトンリフォームの耐震強度についてお伺いします。一戸建てを将来的に「建替え」か「全面リフォーム」と考えています。

先日ある建築業者の方から、最近の新築(その会社の施工の場合?)は(法の基準が1に対して)耐震の数値が3あるとお聞きしたのですが、スケルトンリフォームの場合でも強度を新築並みにすることは可能なのでしょうか?

スケルトンリフォームのメリットは費用が抑えられること、建築確認申請が不要なことかと思うのですが、
(新築との気分の違い以外に)デメリットは何でしょうか?

基礎工事等はやはり補強よりも新しく作る方が強いのでしょうか?
何十年も住み続けるとやはり新築とリフォームでは違いがでるのでしょうか?

詳しい方のお話を伺いたく、よろしくお願い致します。

 

【回答】

スケルトンリフォームの場合でも強度を新築並みにすることは可能なのでしょうか?

 

屋根を含め、内・外皮全てを撤去する、完全なスケルトンによるリフォームを実行されるのであれば、上部躯体強度を新築並みにすることは可能かもしれません。

しかし、基礎については100%可能でしょうか? さらにその費用を考えると、建築工事費に関しては、建て替えのほうが割安かもしれません。

スケルトンリフォームのメリットは費用が抑えられること、建築確認申請が不要なことかと思うのですが・・・

構造体の過半以上の改修は、建築確認が必要となると思います。
再確認してください。
新築並みの強度を要求されるのであれば、費用が抑えられるかどうか? 比較・検討の必要があると思います。

(新築との気分の違い以外に)デメリットは何でしょうか?

 

施工性の難易度、施工の正確性等々 現状を生かしながらの補強を要求されますので、ある程度の妥協はやむを得ないかと思います。

基礎工事等はやはり補強よりも新しく作る方が強いのでしょうか?

 

1981年以前の2階建木造住宅の基礎は、おそらく布基礎(土台下部に幅=40㎝~60㎝の鉄筋コンクリート製連続基礎)であろうと思われます。

これから新築される基礎形状は、ほとんど総基礎(ベタ基礎)となり、基礎自体の自重は重くなりますが不動沈下の恐れ等々、安全性の高い基礎となります。

更に、建物下5ヶ所程度地盤調査を行い、場合によっては地盤改良を行いますから、補強された基礎より新設基礎のほうが強いことは間違いないのではないでしょうか。

何十年も住み続けるとやはり新築とリフォームでは違いがでるのでしょうか?

 

出てくると思います。

関連記事

耐震ボード(ダイライト)筋交いなしで不安・・。断熱材(アクアフォーム)湿気で木材は腐らない?

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 今度、地元の工務店で 木造軸組の

記事を読む

築40年建て替えか全面リフォームか今回は建て替えを勧める3つの理由

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 両親が相次いで他

記事を読む

築40年の鉄骨2階建て。夏は「蒸し風呂」冬は「冷凍庫」それでも断熱リフォームは効果ある?

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 断熱材の効果

記事を読む

築20年大規模な軽量鉄骨3階建て、補強はできる?耐久性はその家の●●による

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 軽量鉄骨の耐久年数について教えて

記事を読む

築100年旧家 建て替えか全面リフォームか今回はスケルトンリフォームをお勧めする理由

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 築100年前後の木造住宅に住んで

記事を読む

築26年の大規模リフォーム!コレをすればあったかいんだから~効果の上がる4つの断熱方法

【質問】 断熱リフォームについて質問です。 築26年の一戸建てです。 どんなリ

記事を読む

購入前の築30年中古住宅 この3つが分かれば完全リフォーム可能か分かります!

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 築30年以上の古家付き、物件が売

記事を読む

スケルトンリフォーム戸建の基礎 捨コンと床下点検の高さがなくてもよい理由と鉄筋の間隔はあなたの気持ち次第な訳

  こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 スケルトンリフォ

記事を読む

築50年家の床がペコペコ、歩くとふわふわ沈む。簡単に耐震性も向上させて丈夫にする方法

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 築50年以上木造2階建ての、2階

記事を読む

築35年のモルタル塗り、ヒビ割れを直しておけば大丈夫?それ以前に調べるたった1つの事!!

  【質問】 木造住宅のリフォームを検討しています。 築年数は大

記事を読む


  • 大阪の工務店
    「住まい工房にしいち」の代表一級建築士
    西 規夫(にし のりお)
    1944年4月15日生まれ
    一級建築士歴 約40年

    建築の知識を少しでも、若い方
    に役に立ててもらいたいと 
    『Web建築相談』を始めました。

    隠れた問題は、実際に見ないと
    見つけることはできませんが
    家の心配ごと解決のヒントに
    なればうれしいです。

    住まい工房にしいち
    大東市諸福3-5-1-305
    ℡072-886-3078
    プロフィール

  • お名前【公開されません(必須)】

    メールアドレス【公開されません(必須)】

    相談内容

    こちらの内容で送ります
    (チェック入れて↓「送信」ボタンを押して下さい)

    ご相談いただいた方の感想はこちら
PAGE TOP ↑