*

築40年の鉄骨2階建て。夏は「蒸し風呂」冬は「冷凍庫」それでも断熱リフォームは効果ある?

鉄骨造断熱材

こんな質問に答えてみたいと思います。


【質問】

断熱材の効果について教えてください。
昭和50年頃建設の鉄骨2階建て、壁はブロック積
現在リフォームを検討しておりまして数社の業者さんに相談しました。

その中で床・壁・2階天井に断熱材を入れるプランを提案してくれた業者さんがあります。新築なら迷うことはないのですが、我が家は古い家。どのくらいの効果があるのでしょうか?

いろいろ、ホームページ等で調べては見てるのですがよくわかりません。
夏は蒸し風呂のように暑く、冬は凍えるように寒いので、少しでも快適になるよういろんな意見を聞きたいです。

 

【回答】
文面より、当方の勝手な判断より・・・(図面等を見ないと正確な解答にはなりえません)

1975年頃の鉄骨2階建て、外壁コンクリートブロック積みの住宅であれば、おそらく床下や壁には断熱材の充填はなされてないかもしれません。

各所の断熱材の挿入について考えてみましょう。

床組は、「ベタ基礎+転し根太組」 
ベタ基礎
出典:http://www.polaris-hs.jp/zisyo_syosai/syosai_img/kiso/betakiso.gif

転がし根太組
転がし根太組
出典:http://www.lixil.co.jp/reform/yougo/kouhou/yukagumi/04.htm

又は 「床束立て式床組」 の何れかではないかと思います。

束立て床

↑後者(床束立て式床組)の場合、床下進入可能なのか? 

床下に入れるのであれば断熱材挿入は比較的簡単に行えますが、ムリな場合、又は転し床組の場合は床板をめくる必要がありますので、コスト的に考える必要があります。

外壁はコンクリートブロック積みですから、充填はできませんので、外断熱工事をされたらいかがでしょう。
外断熱
出典:http://www.37eco.jp/images/cut01.gif

天井裏にはおそらくグラスウール(20~100)が敷き詰められていると思いますが、もっと密度の高い厚みの大きなものに取り換え、緻密に敷き詰めることです。
dannetu

出典:http://www.muratahousingsystem.com/article/14977774.html

(どの程度のリフォームをお考えなのかわかりませんが、外気に面した天井材は一度撤去し、断熱工事を十分にされたらどうでしょう。)

 床についての断熱は冬季ホットカーペット等で対応するとして、外壁及び天井面の断熱を十分にされればそれなりの効果は期待できると考えます。

関連記事

屋根裏換気 あなたも勘違いしていませんか?「換気扇」を回すダケが換気ではありません。

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 換気について質問です。 新築中

記事を読む

丸ごとリフォームの耐震性が心配ですか?だったらコレは、知っておいてください!耐震の標準は震度●程度で倒壊しない事

  こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 築32年一戸建て

記事を読む

耐震ボード(ダイライト)筋交いなしで不安・・。断熱材(アクアフォーム)湿気で木材は腐らない?

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 今度、地元の工務店で 木造軸組の

記事を読む

こんな質問に答えてみたいと思います。メールが届かず直接返信できませんでしたので、こちらで

記事を読む

築20年大規模な軽量鉄骨3階建て、補強はできる?耐久性はその家の●●による

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 軽量鉄骨の耐久年数について教えて

記事を読む

購入前の築30年中古住宅 この3つが分かれば完全リフォーム可能か分かります!

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 築30年以上の古家付き、物件が売

記事を読む

「軽量鉄骨は頑丈なイメージ」「木造は温かみがある」それぞれのメリットデメリット。実は、決め方はあなたのコレ次第なんです!

  こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 約5

記事を読む

築35年のモルタル塗り、ヒビ割れを直しておけば大丈夫?それ以前に調べるたった1つの事!!

  【質問】 木造住宅のリフォームを検討しています。 築年数は大

記事を読む

完全同居型の二世帯住宅、親世帯ゾーンはコレくらいあれば大丈夫です。

  こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 今度二世

記事を読む

工務店の耐震が不安・・・耐震等級3レベルの家コレができる工務店なら何の問題もありません

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 工務店で建築した場合、耐

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


  • 大阪の工務店
    「住まい工房にしいち」の代表一級建築士
    西 規夫(にし のりお)
    1944年4月15日生まれ
    一級建築士歴 約40年

    建築の知識を少しでも、若い方
    に役に立ててもらいたいと 
    『Web建築相談』を始めました。

    隠れた問題は、実際に見ないと
    見つけることはできませんが
    家の心配ごと解決のヒントに
    なればうれしいです。

    住まい工房にしいち
    大東市諸福3-5-1-305
    ℡072-886-3078
    プロフィール

  • お名前【公開されません(必須)】

    メールアドレス【公開されません(必須)】

    相談内容

    こちらの内容で送ります
    (チェック入れて↓「送信」ボタンを押して下さい)

    ご相談いただいた方の感想はこちら

こんな質問に答えてみたいと思います。メールが届かず直接返信

工務店の耐震が不安・・・耐震等級3レベルの家コレができる工務店なら何の問題もありません

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】

中古別荘 調査範囲を広げなればいけないのはこんな時 『人の住まない住宅は痛みが早い』その理由とは?

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 昭

→もっと見る

PAGE TOP ↑