*

築50年家の床がペコペコ、歩くとふわふわ沈む。簡単に耐震性も向上させて丈夫にする方法

50nen_img

こんな質問に答えてみたいと思います。


【質問】

築50年以上木造2階建ての、2階の床を丈夫にするにはどんな方法がありますか?

2階には2部屋横並びにあるのですが、隣接している部分の床が特に沈んでいるように思います。
傾いてる気がして、2階にいると何となく気持ち悪いというか、酔ったような感じになります。

畳の上なんですが、薄い板の上を歩いているようでペコペコしていて床が不安定です。
端の30センチくらいだけ普通の床みたいに安定感があるので、違いがすぐにわかります。

上手に説明できないのですが、1階には4部屋あって真ん中の部分に壁がなく、それぞれの部屋に障子4枚があってそれで仕切りになっています。
そのうち1部屋はすべてがその状態で、他の3部屋も壁は端っこにしかありません。

古い家ですが愛着があり、壊したくありません。

考えられる理由と、直せる場合、方法を教えてください。
よろしくお願い致します。
 

 

【回答】

>2階の床を丈夫にするにはどんな方法がありますか?

築50年から察するに2階床の構造は、床梁(又は桁)の上、直に又は根太組の上に
※荒床(あらゆか)板(t=15~18mm)貼りして畳を並べていると思います。

※畳の下地としての床で、仕上げていない板(マツ・スギなど)を用いるので荒床(あらゆか)と呼ばれる。最近は合板などを張ることも多い
 
wyuka
 
出典:http://www.ie-erabi.com/moku/mzyuka.html

畳の上を歩くとベコベコする感じは、畳と床板の老朽化が原因ではないかと思います。
(畳も劣化により畳床がフワフワになります。)

耐震上、非常に大切な2階床の剛性(2階から上に働く地震力をきっちり下の階に伝達するための床の堅さ)を確保するために、「梁と梁」及び「梁と桁」の交差部に灯打ち梁が入っていると思います。
入っていれば、地震に対して一応安全です。
 
hiuti
出典:http://www.house-support.net/toi/hiutihari.htm
 

補修方法畳を捲(まく)り、現況の床板を撤去。構造用合板(t≧12mm且つ現況床板と同じ厚さ)を全面に貼り、(釘の太さとピッチ(間隔)は、正確に)畳を敷き並べてください。これだけでも、耐震的に十分補強できます。
 

 

>2階には2部屋横並びにあるのですが、隣接している部分の床が特に沈んでいるように思います。
 

隣接部分とは、敷居部分でしょうか? この部分が沈んでいるとすれば、この下の床梁が撓(たわ)んでいるかもしれませんね、床板を捲(まく)った時に確認してみてください。
もし撓(たわ)んでいれば、添え梁などで補強が必要かと思います。
 
 
結 論: 2階の床補強は比較的簡単にできますのが、床のみならず、壁等を含めた耐震診断を至急にしたいものです。
    

 
 

関連記事

『耐震について大工さんからの質問』すべてに筋交いを入れると地震に強くなる?大事なのは●●●●

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 大工をしているものです。 丁寧

記事を読む

丸ごとリフォームの耐震性が心配ですか?だったらコレは、知っておいてください!耐震の標準は震度●程度で倒壊しない事

  こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 築32年一戸建て

記事を読む

ウレタン吹き付けとグラスウール断熱材。天井裏に併用したら涼しくなる?注意グラスウールは熱を吸収するものではありません。

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 屋根のこう配部分にウレタンを吹き

記事を読む

スケルトンリフォーム戸建の基礎 捨コンと床下点検の高さがなくてもよい理由と鉄筋の間隔はあなたの気持ち次第な訳

  こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 スケルトンリフォ

記事を読む

「一戸建てのスケルトンリフォーム」耐震強度は新築並みになる?知っておくべきデメリット

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 スケルトンリフォームの耐震強度につい

記事を読む

「軽量鉄骨は頑丈なイメージ」「木造は温かみがある」それぞれのメリットデメリット。実は、決め方はあなたのコレ次第なんです!

  こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 約5

記事を読む

築35年のモルタル塗り、ヒビ割れを直しておけば大丈夫?それ以前に調べるたった1つの事!!

  【質問】 木造住宅のリフォームを検討しています。 築年数は大

記事を読む

屋根裏換気 あなたも勘違いしていませんか?「換気扇」を回すダケが換気ではありません。

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 換気について質問です。 新築中

記事を読む

築26年の大規模リフォーム!コレをすればあったかいんだから~効果の上がる4つの断熱方法

【質問】 断熱リフォームについて質問です。 築26年の一戸建てです。 どんなリ

記事を読む

中古別荘 調査範囲を広げなればいけないのはこんな時 『人の住まない住宅は痛みが早い』その理由とは?

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 昭和59年築の別荘についてです。

記事を読む


  • 大阪の工務店
    「住まい工房にしいち」の代表一級建築士
    西 規夫(にし のりお)
    1944年4月15日生まれ
    一級建築士歴 約40年

    建築の知識を少しでも、若い方
    に役に立ててもらいたいと 
    『Web建築相談』を始めました。

    隠れた問題は、実際に見ないと
    見つけることはできませんが
    家の心配ごと解決のヒントに
    なればうれしいです。

    住まい工房にしいち
    大東市諸福3-5-1-305
    ℡072-886-3078
    プロフィール

  • まだデータがありません。

  • お名前【公開されません(必須)】

    メールアドレス【公開されません(必須)】

    相談内容

    こちらの内容で送ります
    (チェック入れて↓「送信」ボタンを押して下さい)

    ご相談いただいた方の感想はこちら
PAGE TOP ↑