*

築30年の中古住宅購入。リフォームしてあと30年住むために、やっておくべきリフォームの具体的な順番

 
eisting_home_more_30-2

こんな質問に答えてみたいと思います。


【質問】

アラフォー夫婦と子ども二人ですが、築30年の中古住宅に住んでます。リフォームしてずっと住みたいのですが、どのような所のリフォームを気を付けたら良いでしょうか?

あと30年で、築60年。私達は70歳前後でまだ生きる可能性も高いです。

住宅診断を受けて欠陥等が出てくれば考え直しますが、どのような欠陥だと厳しいですか?
気になるのは床下がシロアリにやられてないか、家の傾きなどです。
窓やドアの開け締め具合から夫が2階が傾いている?と言ってます。
大工さんからは外壁や屋根など、状態は良いと言ってもらいました。1階は歪んでないみたいです。

【リフォームで考えている所】
・屋根の下地の張り替え、屋根の瓦の補修、外壁塗装等。屋根は日本瓦みたいです。
・水回りの設備入れ替え、その際に風呂場等の床下の 補強補修。
・トイレ風呂に換気扇がないのでそれも入れたいです。
・場合によっては給水関係の配管の引き直し
・クロス張り替え
・フローリングを上から貼ってもらう
・和室9畳を洋室にし、ウォークインクローゼットをつける。
・ドアの入れ替え等細かい修繕
・耐震補強も最低限の事はやっておきたい。

他にどんな所をリフォームしておけば良いでしょうか?

 

【気になる所】

和風住宅ですが、10年前に外壁等塗り直ししているみたいですが、汚れて古ぼけて見えてそれが気になります。

何を使っているのか、表面がざらざらしてます。
外張り断熱リフォーム等もあるようですが、あまり興味はありません。

まず家をちゃんともたせるようにし、家の中の水回りや不便な所を解消したいです。

 

【回答】

築30年、さらに30年・・ 築60年 きびしいかもしれませんが・・。

まず、第1に構造的な安全性を確保しましょう。
2番目に快適性を追求すべきだと考えます。
 

【構造の安全確保のために 】
外壁:塗装
屋根:瓦 だとすると
一般的に『重い建物』と言う事になります。つまり、この建物は、台風には強いが、地震に対して充分な対策が必要です。

(決して適当に工事された建物だとは考えていませんが、建築が30年前ですから・・・)

 
<現況> 
外壁仕上:ラスモルタル塗り+リシン吹付塗装   
屋根仕上:日本(?)瓦葺
 
と考えられますので、屋根と壁を軽い仕上に変更されることをご提案いたします。

 
その時、屋根と壁の構造的補強を十分に考えてください。
(壁面の垂直剛性及び屋根面の水平剛性※確保)

基礎の補強も検討してください。
(屋根、壁をスケルトンにするわけですから、基礎補強も簡単です。)
 
和風住宅でしたら畳をめくって、1、2階の床面に火打ち(ひうち)をいれたり、面材による水平剛性※の確保にも努めてください。。
z-hiuti
写真出典:http://21st-myhome.com/ziten/kentiku06-ha/hiuti.html

 

 
以上で、構造的には、あと30年確保できると思います。

あと、デザイン的には予算の範囲でリフォームされれば良いと思いますが、給排水管の点検等は大きく建物をさわる今しかできませんので、極力、そちらに費用を使ってください。

(内壁塗り替え、壁紙貼り換え等はいつでもできます。)

 


 
※ 水平剛性とは?
「水平面」の強さのこと
四角い箱の「ふた」を外すと急に変形しやすくなるのと同じ現象
suihei-gousei
水平方向に補強してあげると、揺れたときに壊れにくくなります。
suihei-gousei-2

出典:http://ameblo.jp/wa-column/entry-11468966138.html
(大変分かりやすかったのでお借りしました。)

関連記事

完全二世帯住宅は、別棟に比べてコレくらいお得!でも私的にはコッチをお勧めします。

  こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 私は2世

記事を読む

床を浮かせると防音になる?遮音効果と●●●UPどちらを取る?

  こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 防音

記事を読む

築20年大規模な軽量鉄骨3階建て、補強はできる?耐久性はその家の●●による

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 軽量鉄骨の耐久年数について教えて

記事を読む

床断熱 2階の床に断熱材を入れない理由と床の厚みが4cmあっても断熱材が必要な訳

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 床の断熱につ

記事を読む

築100年旧家 建て替えか全面リフォームか今回はスケルトンリフォームをお勧めする理由

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 築100年前後の木造住宅に住んで

記事を読む

購入前の築30年中古住宅 この3つが分かれば完全リフォーム可能か分かります!

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 築30年以上の古家付き、物件が売

記事を読む

スケルトンリフォーム戸建の基礎 捨コンと床下点検の高さがなくてもよい理由と鉄筋の間隔はあなたの気持ち次第な訳

  こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 スケルトンリフォ

記事を読む

床下に調湿材が必要?独自の視点でズバッと指摘

こんな質問に答えてみたいと思います。メールが届かず直接返信できませんでしたので、こちらで

記事を読む

「軽量鉄骨は頑丈なイメージ」「木造は温かみがある」それぞれのメリットデメリット。実は、決め方はあなたのコレ次第なんです!

  こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 約5

記事を読む

築50年家の床がペコペコ、歩くとふわふわ沈む。簡単に耐震性も向上させて丈夫にする方法

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 築50年以上木造2階建ての、2階

記事を読む


  • 大阪の工務店
    「住まい工房にしいち」の代表一級建築士
    西 規夫(にし のりお)
    1944年4月15日生まれ
    一級建築士歴 約40年

    建築の知識を少しでも、若い方
    に役に立ててもらいたいと 
    『Web建築相談』を始めました。

    隠れた問題は、実際に見ないと
    見つけることはできませんが
    家の心配ごと解決のヒントに
    なればうれしいです。

    住まい工房にしいち
    大東市諸福3-5-1-305
    ℡072-886-3078
    プロフィール

  • まだデータがありません。

  • お名前【公開されません(必須)】

    メールアドレス【公開されません(必須)】

    相談内容

    こちらの内容で送ります
    (チェック入れて↓「送信」ボタンを押して下さい)

    ご相談いただいた方の感想はこちら
PAGE TOP ↑