*

『耐震について大工さんからの質問』すべてに筋交いを入れると地震に強くなる?大事なのは●●●●

公開日: : 最終更新日:2015/02/12 建築相談, 耐震リフォーム

耐震壁プラン

こんな質問に答えてみたいと思います。

【質問】
大工をしているものです。
丁寧に回答されてるのをみて、質問させていただきます。

耐力壁の量(筋違)と位置について、私は1・2階の間仕切り壁を、できるだけ同じ位置にくるように間取りを考えるようにしています。(実際にはそうはならないところも出てきますが・・・)

N値計算はしますが、見ると筋違の量が少なく思います。(計算上はOKなのでしょうが)私は毎回、外・内間仕切り壁すべてに筋違を入れてます。

ここで、質問させていただきたいは、筋違を入れすぎてダメ(デメリット)なことはありますか?当然、コストは高くなるので(耐力壁の)配置しだいとは思うのですが、金物(HD,その他、)もN値計算以上に施工しています。

近年は、LDKを広く取りたい施主が多く、どうしても耐力壁が偏りがちの間取りに、なってしまうところがあります。N値計算はバランス・圧縮・引っ張り計算されてのことなのでしょうがそれ以上に筋違を入れることをどう思われますか?

ちなみに水平面の、(火打ち、下屋部分も合床、その他、)検討は、しています。

コスト、手間をかけて、間仕切り壁すべてに筋違をいれることが、家を本当に強くすることにつながっているのか?不安に思う時があります(ダイライト、その他合板も施工しています)

大震災があった時にこけない木造が理想ですが、その時に1分~3分とか持ちこたえれ避難ができた。というような木造でありたいと考えています。


> 体力壁の量(筋違)と、位置について、私は1・2階の間仕切り壁を、できるだけ同じ位置にくるように間取りを考えるようにしています。(実際にはそうはならないところも出てきますが・・・)

1,2階の間仕切り壁が同じ位置にくるようにプランできれば、それに越したことはないと思います。

> N値計算はしますが、見ると、筋違の量が少なく思います。(計算上はOKなのでしょうが、)私は、毎回、外・内間仕切り壁すべてに筋違を入れてます。

外壁・間仕切り壁全てを耐力壁にするのは、さすがに入れすぎでは?と思います。(理由は、次に書いてみます。)

>筋違を入れすぎて、ダメ(デメリット)なことは、ありますか?
>当然、コストは高くなるので(耐力壁の)配置しだいとは思うのですが….

耐力壁は多ければよいというわけではありません。私は構造が好きですが、構造を考えるときに一番大切にしていることは、「構造はバランス」だということです。

各階に加わる外力が、建物内において受け止め方が悪ければ、その階が回転するようなことも起こりうるわけです。

要は、各階で、耐力壁を偏心しないように配置しなければなりません。
HD金物は、大きければ多きほど安全側ですから問題ありません。

>近年は、LDKを広く取りたい施主が多く、どうしても耐力壁が偏りがちの間取りになってしまうところがあるのですが、N値計算は、バランス、圧縮、引っ張り計算されてのことなのでしょうが、それ以上に筋違を入れることを、どう思われますか?

要するに、バランスよく配置すればいくらでも筋違等を入れても結構です。

>ちなみに水平面の、(火打ち、下屋部分も合床、その他、)検討は、しています。

平面剛性は、充分すぎるほど確保する必要があり、多すぎることはありません。

>コスト、手間をかけて、間仕切り壁すべてに筋違をいれることが、家を本当に強くすることにつながっているのか?不安に思う時があります(ダイライト、その他合板も施工しています)

(入れ過ぎて、逆効果になることもあります。)

>大震災があった時にこけない木造が理想ですが、その時に1分~3分とか持ちこたえれ避難ができた。というような木造でありたいと考えています。

建築に携わる人間としては、最低条件でしょうね。「生命、財産を守る」のが、根本原則ですから。但し、強ければ強いにこしたことはありませんが、経済的なことを考慮するのも我々の義務ですし

関連記事

築30年の家 窓が閉まりにくいほど傾いている。日常生活には支障をきたさないけど心配・・・一級建築士がズバッとお答え!!

  こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】

記事を読む

床を浮かせると防音になる?遮音効果と●●●UPどちらを取る?

  こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 防音

記事を読む

土地20坪、予算1000万円全面リフォームの業者探し目安は坪単価40万円

  こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 土地

記事を読む

築100年旧家 建て替えか全面リフォームか今回はスケルトンリフォームをお勧めする理由

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 築100年前後の木造住宅に住んで

記事を読む

築50年家の床がペコペコ、歩くとふわふわ沈む。簡単に耐震性も向上させて丈夫にする方法

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 築50年以上木造2階建ての、2階

記事を読む

築30年の中古住宅購入。リフォームしてあと30年住むために、やっておくべきリフォームの具体的な順番

  こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】

記事を読む

築26年の大規模リフォーム!コレをすればあったかいんだから~効果の上がる4つの断熱方法

【質問】 断熱リフォームについて質問です。 築26年の一戸建てです。 どんなリ

記事を読む

ガリュバリウム鋼板の外壁。強風が吹くとバリバリ剥がれるような音がする!何とかするにはコノ方法

  【質問】 家を建て住み始めてから1年9ヶ月くらい経つ我

記事を読む

スケルトンリフォーム 工務店の間取りやデザインが不満ならこうしてください。費用の目安とメリットデメリットはこちら。

  こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 バリアフリー

記事を読む

工務店の耐震が不安・・・耐震等級3レベルの家コレができる工務店なら何の問題もありません

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 工務店で建築した場合、耐

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


  • 大阪の工務店
    「住まい工房にしいち」の代表一級建築士
    西 規夫(にし のりお)
    1944年4月15日生まれ
    一級建築士歴 約40年

    建築の知識を少しでも、若い方
    に役に立ててもらいたいと 
    『Web建築相談』を始めました。

    隠れた問題は、実際に見ないと
    見つけることはできませんが
    家の心配ごと解決のヒントに
    なればうれしいです。

    住まい工房にしいち
    大東市諸福3-5-1-305
    ℡072-886-3078
    プロフィール

  • まだデータがありません。

  • お名前【公開されません(必須)】

    メールアドレス【公開されません(必須)】

    相談内容

    こちらの内容で送ります
    (チェック入れて↓「送信」ボタンを押して下さい)

    ご相談いただいた方の感想はこちら
PAGE TOP ↑