*

屋根裏換気 あなたも勘違いしていませんか?「換気扇」を回すダケが換気ではありません。

公開日: : 最終更新日:2015/08/05 建築相談, 換気, 断熱リフォーム

屋根裏換気

こんな質問に答えてみたいと思います。


【質問】

換気について質問です。
新築中の屋根裏換気に関して、工務店に確認したら
換気に関しては特に何もせず、検査も通るので問題ないとの事です。
今まで施工した家も換気をつけたことはないらしいです。

ただ天井断熱の場合、夏場の暑さ対策で 換気は必要という人が多く、工務店の言い分が正しいのか?疑問に思います

屋根裏が結露してと言う事もあるようですが

屋根裏に関して換気には法律的な基準はないのでしょうか?

屋根裏換気に関しては施主側で対策をしないといけないのでしょうか?

 

【回答】

その工務店さんが「換気を付けたことはない」というのは、換気扇などの強制換気のことを言われているのではないでしょうか?
一般的に、小屋裏は自然換気(※1)のため換気口を設けますが、法的な規制はありません。

 

天井裏断熱の場合、小屋裏(屋根と天井に挟まれた部分)に自然換気がなされています。
天井断熱
出典:http://blog.livedoor.jp/okeichihousing/archives/51957206.html

自然換気

出典:http://www.yamatech.net/roof-reform3.html

つまり、小屋裏部分が外気に面している(屋外と考える)から、天井裏に断熱材を敷き詰めるわけです。

断熱材
出典:http://www.freedesign-home.net/store/image/blog/4897.jpg

『天井断熱だから換気が必要』ではなく、天井裏が『自然換気によって外気に面しているから断熱材で覆う必要がある』わけです。

屋根裏換気

逆に 屋根の勾配が極端にゆるい、もしくは陸屋根の様に勾配が殆どない場合は、天井裏「自然換気」が取れません。つまり「屋根裏換気は取らないし、取れない。」
そう考えると天井裏懐(※2)が大きい場合「天井裏換気無し」も考えられそうです。
(空気の層ができるので)その方が天井断熱にとっては有効かもしれません。

 

但し、懸念されているように、冬場、室内で温められた湿気を含んだ空気が天井裏で冷やされると飽和状態となって、水摘になり、結露を生じます。

それを防ぐためには、天井裏断熱材と天井仕上げ材の間に防湿シートを敷き詰め、湿った空気が天井裏に侵入しないようにしなければなりません(特に、湿気を通さないような断熱材を緊密に敷き詰めることでも良いですが)

工務店の方に、防湿処置は施されているのか、確認されれば良いと思います。

防湿シート
出典:http://tetuo-takita.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2009/07/06/img_0078_convert_20090704183934.jpg

 

※1)自然換気:室内外の温度差,風圧などで、室内の空気が自然に入れ替わること。
※2)天井裏懐:上階の床スラブ下端と、天井との間の空間のこと。 天井の上部の空間。遮音対策措置や住戸内配管スペースとして利用される。

 

参考記事:
屋根裏(天井面)の床を断熱すると、夏も冬もそれなりの効果あり!
夏は「蒸し風呂」冬は「冷凍庫」それでも断熱リフォームは効果ある?
蒸し風呂

関連記事

築40年建て替えか全面リフォームか今回は建て替えを勧める3つの理由

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 両親が相次いで他

記事を読む

築100年旧家 建て替えか全面リフォームか今回はスケルトンリフォームをお勧めする理由

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 築100年前後の木造住宅に住んで

記事を読む

インナーガレージ 地域は関係なく材料は●●以上のモノを使わなければならない。建築基準法にガレージはない?

  【質問】 インナーガレージ付きの木造住宅を建てたいと思っているので

記事を読む

完全同居型の二世帯住宅、親世帯ゾーンはコレくらいあれば大丈夫です。

  こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 今度二世

記事を読む

築15年中古住宅リノベーション元々の断熱材があるから追加は無駄?光熱費が安くなるコストのかけ方

  こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 築15年の中古住

記事を読む

床を浮かせると防音になる?遮音効果と●●●UPどちらを取る?

  こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 防音

記事を読む

築20年大規模な軽量鉄骨3階建て、補強はできる?耐久性はその家の●●による

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 軽量鉄骨の耐久年数について教えて

記事を読む

購入前の築30年中古住宅 この3つが分かれば完全リフォーム可能か分かります!

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 築30年以上の古家付き、物件が売

記事を読む

築30年 木造2階建ての断熱性・遮音性を高めるには建て替えしかない?遮音性能を上げる全面リフォーム方法

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 築30年木造二階建て 断熱・遮音 リフォーム

記事を読む

完全二世帯住宅は、別棟に比べてコレくらいお得!でも私的にはコッチをお勧めします。

  こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 私は2世

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


  • 大阪の工務店
    「住まい工房にしいち」の代表一級建築士
    西 規夫(にし のりお)
    1944年4月15日生まれ
    一級建築士歴 約40年

    建築の知識を少しでも、若い方
    に役に立ててもらいたいと 
    『Web建築相談』を始めました。

    隠れた問題は、実際に見ないと
    見つけることはできませんが
    家の心配ごと解決のヒントに
    なればうれしいです。

    住まい工房にしいち
    大東市諸福3-5-1-305
    ℡072-886-3078
    プロフィール

  • お名前【公開されません(必須)】

    メールアドレス【公開されません(必須)】

    相談内容

    こちらの内容で送ります
    (チェック入れて↓「送信」ボタンを押して下さい)

    ご相談いただいた方の感想はこちら

こんな質問に答えてみたいと思います。メールが届かず直接返信

工務店の耐震が不安・・・耐震等級3レベルの家コレができる工務店なら何の問題もありません

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】

中古別荘 調査範囲を広げなればいけないのはこんな時 『人の住まない住宅は痛みが早い』その理由とは?

こんな質問に答えてみたいと思います。 【質問】 昭

→もっと見る

PAGE TOP ↑